パンツやスカート、ボトムスにおすすめの生地

こんにちは生地の森です。

久しぶりのブログ更新になります。

.

気が付けば8月も終わり9月に入ります。
まだ気候はじめじめと蒸し暑いというのに、9月と聞くととたんに秋を感じさせますよね。

さて、今回はおすすめ生地のご紹介したいと思います。

最近お問い合わせでも、

「少しハリ感があって、透けにくくて、今ぐらいにちょうどよく履けるパンツ」作りにおすすめの生地 についてお問い合わせをいただきます。

そこでおすすめの生地はコチラ。


IN50719 綿麻ダンプダメージダイド

IN50719 綿麻ダンプダメージダイド

こちらの生地をなぜお勧めするのかといいますと、蒸し暑い季節から、すこしづつ暑さが和らいでくるちょうど今の季節にぴったりの素材だからです。

こちらの生地は、厚み的には綿ブロードと比較すると、ハリ感があってしっかりしています。


しかし、ただハリハリと硬いだけではなく、しっかりしたハリ感の中にも、柔らかさがあり、生地表面もブロードのようにのっぺりとておらず、微細なシワ感と程よい光沢感も揺らいで味わいを感じます。

その細かなしぼ感があることで、肌触りもさらりとしており、履き心地も楽な素材感かと思います。

IN50719 綿麻ダンプダメージダイド
IN50719 綿麻ダンプダメージダイド

また、これまではアウターの作品例を載せていたのですが、アウターにしか使えない生地のように思われていた方も多いかと思い、アウターに加えて、今回スタッフがサロペットパンツを作ってきてくれました。

IN50719 綿麻ダンプダメージダイド_ライトアウター
IN50719 綿麻ダンプダメージダイド_ライトアウター
IN50719 綿麻ダンプダメージダイド サロペットパンツ
IN50719 綿麻ダンプダメージダイド サロペットパンツ


実はスカートやパンツのボトムスアイテムに最適なのです。

作品例はサロペットパンツですが、ボトムスとなるスカート、パンツ、にはデザインはさまざまありますよね。

サーキュラースカート、フレアースカート、ギャザースカート、

キャミワンピース、サロペットスカート、キュロットパンツ、ワイドパンツ、テーパードパンツ、

サロペットパンツ、カバーオールなどなど。

何か作りたいイメージは湧きましたでしょうか。

軽くてしっかりしていて、ハリ感があっても柔らくしなやか、さらっとしてひんやりとした肌触りが心地よく、ボトムスアイテムにおすすめです。

.

こちらの生地の素材は、綿麻になります。

綿麻とは、綿と麻、それぞれの素材の持ち味の良いところを引き出しており、大まかに、軽くて、程よいハリ感もあり、さらっとした素材感が特徴です。

IN50719 綿麻ダンプダメージ_ネイビー/ブラック

そして、綿麻素材の持ち味は、なんといっても使いやすさに。

また見た目にも、綿・コットンのブロードやシーチング、キャンバスほどカジュアル感(安さ)が出ず、麻・リネンまでお値段も高くないのに、程よく高見えする、何ともいいとこどりの素材だと思います。


またこちらの綿麻ダンプダメージダイドは、揺らぎも少ないハリのある生地なので、裁断も縫製もしやすいので、初心者の方にもおすすめです。

カジュアルにもちょっとした品の良い着こなしにも両方に使えると思います。

買うなら今がジャストシーズンですのでぜひお早めにお試しください。

.

生地のことで迷われましたら、お気軽にメールでお問い合わせください。

生地の森 メールアドレス(info@kiji-daiko.com)

.

最後までお読みいただきありがとうございます。

皆さまのご利用を心よりお待ちしております。

.

.

その他、関連ページ
パンツにおすすめの生地