生地の森 春のおすすめ生地 コレクション♪

こんにちは 生地の森です。

まだまだ寒さが残っていますが、春の足音は少しづつ近づいています。
そろそろ春の装いも気になりますね。

そこで、この春おすすめ生地をご紹介したいと思います。
スタッフやモニターさんにご協力していただいた作品と合わせてご覧ください。

***************************************
Spring Fabric collection 2019
春のおすすめ生地 コレクション

****************************************

♪冬から春へ 程よいツヤ感がさり気なく上品に。

ベルギー リネン ベネシャン(IN50642)

目の詰まったしっかりした生地感ですので、ジャケットやパンツに最適です。
程よい光沢感がありますので、フォーマル向きのアイテムにもおすすめ。

ノーカラージャケット&ワンピースのセットアップ
(リネンベネシャン ブラック使用)

※只今 キナリ、オフホワイト、ブラックのみ在庫のみの販売ですので、
無くなり次第終了となります。お早目にお求めください
(ベージュ、ネイビーは売切れ販売終了)

*****************************************

♪魅力を引き出す、揺らめく素材感

綾織りアンティーク風ラミーリネン(IN50261)
綾織りタイプ アンティーク風ラミーリネン

揺らぎのある綾織りだからこそ、リネン特有の素材の風味が引き立ちます。
程よい肉厚の生地感で、とろんと落ち感のある生地は、
ボトムスアイテムにおすすめ

サーカス風サロペットパンツ
(綾織りアンティーク風ラミーリネン ベージュを使用)

綾織ベルギーリネン ナチュラル染め(IN50521)

揺らぎのある綾織りだからこそ、リネン特有の素材の風味が引き立ちます。
とろんと落ち感と程よいツヤ感のある素材は
すこしおめかししたいアイテムにおすすめ

ピヴォワンヌ ワンピース
(綾織ベルギーリネン ナチュラル染め ブルー使用)******************************************

♪春めく風を感る 軽快な素材感

コットンナイロンヘリンボンクロス(IN50620)

バサッとした軽快な素材感。まさしくライトアウター向きの生地。
ヘリンボンの織柄がカッコよさを漂わせます。
さらっと羽織る春向きのコートにおすすめです。

ビックジャケットコート
(コットンナイロンヘリンボンクロス マウンテンブラウンを使用)
ワイドパンツ
(洗いこまれたベルギーリネンローン1/60番手 グレー使用)

コットンナイロンウェザークロス(IN50147)
アクティブに楽しむ コットンナイロンウェザークロス メイン画像
こちらは平織ウェザータイプ。春はカラフルな色物もおすすめ。

フード付きコート
コットンナイロンウェザークロス エメラルドストームを使用
アクティブに楽しむ コットンナイロンウェザークロス 生地のアップ

 

********************************************

♪清々しい季節を身に纏うやさしい素材感

洗いこまれたベルギーリネンローン 1/60番手(IN50330)
洗いこまれたベルギーリネンローン1/60番手
やや薄手でもふっくらと柔らかい素材感。
清々しい風をふんわりと包み込む優しい雰囲気の生地です。

シャツやブラウスやワンピース、ギャザースカートにもおすすめ。
たっぷりのギャザーを寄せたブラウスには最適です。
ボトムスは透け感が多少あるので、ペチコートなどを使ってください。
※展開のため(IN50330)(IN50330a)の2ページにわたります

セーラーカラーブラウス&ワイドパンツのセットアップ
(洗いこまれたベルギーリネンローン1/60番手 グレー使用)
洗いこまれたベルギーリネンローン1/60番手

 

洗いこまれたベルギーリネン ナチュラル染めタンブラー仕上げ(IN50476/IN50652)ベルギー リネン ナチュラル染めタンブラー仕上げ
薄手なのに程よいハリ感があり、ざらっとした乾いた質感が特徴的。
軽くて、サラッと爽快な生地感は、トップスから薄手の羽織ものにもおすすめ。
※展開のため(IN50476)(IN50652)の2ページにわたります。

ショールコート
洗いこまれたベルギーリネン ナチュラル染めタンブラー仕上げ
ネイビーブルー使用

いかがだったでしょうか。
ご協力していただいたモニターの皆さまありがとうございます。

春に向けたお洋服作りのヒントになっていただけたでしょうか。

生地の森公式オンラインショップでは
春夏おすすめ生地 春編を更新しました。
こちらもぜひご覧になってください。

春夏おすすめ生地特集TOP画像

あなたにしか創り出せない世界観に、
生地の森の素材感を溶け込ませていただけたら嬉しいです。

もし生地選びなど何かお悩みがありましたらお気軽に
生地の森 お問い合わせ先【info@kiji-daiko.com】までお問い合わせください。

 

最後までご鑑賞ありがとうございます。

あなたのご利用を心よりお待ちしております。

生地の森 web本店サイト

公式インスタグラム

「綾織ベルギーリネン」にモニター様作品を追加致しました。

こんにちは、生地の森です。
生地の森オリジナル リネン生地「綾織ベルギーリネン ナチュラル染め」を使って、
モニター様に作品を作って頂きましたので紹介いたします。

通年通して人気のベルギーリネンを100%使用した、しなやかさを生むビエラ織り。
優しい色合いから、深みのある色まで全14色展開です。

何度も洗いこみをかけた生地は柔らかな肌触りで
まるでウールのような高級感をお楽しみ頂けます。

■モニター様作品
作品名:ピヴォワンヌ ワンピース
使用色・用尺:ブルー4m10cm/ブラック50cm
参考書:モニター様自作につき型紙はありません。
作成時の水通しの有無:有

■生地の感想
綾織独特のくったりとした柔らかな風合いで厚みも程良く、
ギャザーやドレープの落ち感がとっても素敵な生地です。

■作成時のポイント・注意点
一本一本の糸はしっかりしているので、地直しはしやすいのですが
くったりとしているので、生地が動きやすく、
裁断や縫製にはとても気を使いました。

■作品にしてみていかがでしたか?
リネンの持つ素朴な風合いの中に、自然な光沢がプラスされた
上品な生地なので、ワンピースや羽織りなどを綺麗目に仕立てたい時に良いかと思います。

綾織りのしなやかなドレープ感や柔らかさを活かした、ワンピースやライトアウターなど
カジュアルシーンにも、フォーマルな装いにも映える上質な雰囲気で
素材感で差をつける、あなただけの素敵なアイテムを様々な発想でお楽しみ頂けます。

今回使用した生地
《洗いこまれた綾織りベルギーリネンナチュラル染め》
本店
https://www.kijinomori.com/fs/morimori/in50521-
楽天店
https://item.rakuten.co.jp/morimori/in50521-/
YAHOO!店
https://store.shopping.yahoo.co.jp/kijinomori/in50521-.html

入学・入園のご準備におすすめ生地2

こんにちは 生地の森 です。

もうすぐ入学・入園をお迎えの皆さまは、ご準備で忙しい時期となりますね。
ハンドメイド、手作りでご準備されるときに一番なやむのが
生地選びではないでしょうか…
生地には厚みや固さなどの種類もあり、デザインや用途によっても
向き不向きもあります。

そこで、前回の「入学・入園のご準備におすすめ(毎日使うデイリーバッグ編)」に続きまして、サブバッグや2WAYバッグなど、
デザインやアレンジがしやすいバッグにおすすめの生地を
ご紹介したいと思います。

入学入園おすすめ生地
左上:キャンバストートバッグ(色:ピスタチオ)
左下:上靴袋(色:上部 キナリ 下部 ピスタチオ)
右上:ナップサック (色:キナリ)
全て「洗いこまれたコットンキャンバス」使用

毎日の通学以外にも活動の場やイベント、おけいこ事なども増えてきます。
ナップサックやサブバッグ、さまざまなデザインや用途に合わせて、
絞ったり、折りたたんたり、2WAY、3WAYとアレンジをとお考えの時は、
厚手でも固すぎず柔らかめの生地をご用意しておくのがおすすめです。

そこで、生地の森オリジナルの「コットンキャンバス」はいかがでしょう。
洗いこんだコットンキャンバス(IN50248)
≪生地サンプル対象品≫ 生地サンプルはこちら

平織のしっかりとした厚手のキャンバス地を洗いこんでふっくらとした質感に仕上げました。

また、この生地はコットンの素材本来の持ち味を生かすために、
強力な薬品処理を行なわず、ナチュラルに仕上げてあります。
そのため、生地表面にはシワや染めムラなどが不均一に現われています。
それが独特な風合い感を引き出し、他では感じさせない生地の森独自のナチュラルな味わい深い雰囲気を漂わせています。

一般にトートバッグなどに使われる帆布の生地は、丈夫で厚みがある分固さもあるので、折りたたむことは無理があります。
また厚手で固い生地は、家庭用のミシンではやや縫いにくいことも。
この「洗いこまれたコットンキャンバス」は、帆布の次に厚みがあるのに柔らかく手触りも良いので、折ったりたたんだり形のアレンジもしやすく、
家庭用ミシンでも縫いやすいので、初心者の方にもおすすめです。

カラーは全15色。
全体にくすみがかった落ち着いたニュアンスカラーが特徴です。

コットンの生地は素材の特性上、水洗いでの収縮は避けられません。
そこでどの程度縮むのかを試してみました。

色はピスタチオを使用。

↑畳んだときの折ジワがついています。↑

浸水は約1時間半程度

この生地を浸水させる時、最初普段やっているようにやってみたら、
最初ものすごく水をはじきました。
このように少しの水で適当にやってしまうと、下記のように水がはじいてむらになります。

万が一このまま脱水して天日で乾燥させてしまうと、
ムラのところが輪ジミになって残ってしまうことも考えられます。
水通しを行う場合は、生地は最初水をはじくことに気を付けて、
たっぷりの水に生地全体がしっかりと浸かっているかを確認して行なうようにしてください。
しっかりと生地全体に水を通したあと、軽く絞って陰干しで半乾き、
アイロンで地の目を整えていきます。

もともと揺らぎのない生地で地の目の大きなゆがみもなく、
アイロン時間も短めで、地直し完成。余分な折ジワも取れました。

水通し前:タテ10㎝ ヨコ10㎝
水通し後:タテ9.9㎝ ヨコ10cm
結果:タテ方向に約1%程度 若干の縮みがありました。

▼水通しを行う際の注意点
生地は最初水をはじきやすいので、たっぷりの水で生地全体をしっかり浸す。
浸水後は軽く絞り、平にしてから陰干しする。
濡れた状態の時に強くこすったりすると白くアタリが付きやすいので、
強くこすらないようにご注意。
陰干し後、半乾きの状態からアイロンを当て地直ししていきますが、
直接表面に高温で当てると、白くアタリがつきます。
アイロンは裏面から当ててください。
まずは中温で当てながら様子をみるとよいと思います。

▼水通しをした感想
生地の地の目のゆがみが気にならなければ、水通しせずにそのままでお使いいただいても良いかと思います。
ただし、予め決まったサイズのものや、縮みによる歪みなどを気にされる場合など、用途やデザインに応じて水通しの有無はお選びいただければと思います。

=======================================
【この生地の特徴と取扱いについてのまとめ】

・オリジナル「洗いこまれたコットンキャンバス」は、特殊な染色加工の特性上、生地表面に独特な染めムラ感が現われ自然な風合い感を表現しております。
・水通しや水洗いで色落ちや縮みが生じます。
水通しは特に必要ありませんが、製品後水洗いによる縮みは避けられませんので ご理解ください。
水通しの浸水は無地は1~2時間程度。柄物は色移りが起こる場合がありますので、1時間以上の浸水はお避けください。
長時間の浸水や脱水機による強い脱水は余計なシワや強くこすれることによるアタリ(白っぽくつくこと)の原因となりますのでお避けください。
湿った状態で強くこすれると摩擦により色移りする場合があります。
濡れた状態でのご使用にはご注意ください。
アイロンは生地に強く当てると、白化(白くテカる)を招きますので、裏面からあてるか表面を当てる際は当て布のご使用をお勧めします。
商品ページはこちら

=======================================

洗いこまれたコットンキャンバスの生地は、しっかりした厚みでも柔らかさがあります。扱いやすい生地ですので、バッグはもちろん、さまざまなアイテムと用途に幅広いくお使いいただけます。
色数も豊富にそろえてありますので、この次は何を作ろうかな~と
楽しんでお試しいただけたら幸いです。

関連商品
オリジナル コットンキャンバスリボンプリント(IN50229)
≪生地サンプル対象品≫ 生地サンプルはこちら
生地の森 オリジナル キャンバス リボン プリント 
オリジナル洗いこまれたコットンキャンバスがベースとなったプリント生地です。
永遠にかわいいリボンモチーフは清楚で清潔感のあるシンプルなお色目が魅力。
キナリが基調となっておりますので、リボンモチーフの色と無地との色合わせなど
組みあわせて使うのも可愛らしいですね。

最後に…
入学、入園グッズは、幼稚園・保育園・小学校のスタートにとどまらず、その先何年間という生活の必需品になります。
お子様が長くご愛用できるためにも流行に影響されないシンプルな生地選びも大切かと思います。
愛情込めて作られたものは、いつまでも大事に使い続けてくれます。
いつか成長したお子様との素敵な思い出になりますように心より願っております。

 

↓ 「入学・入園グッズにおすすめ生地」 生地の森サイトもぜひご覧ください。

生地・布の通信販売 生地の森
WEB本店  https://www.kijinomori.com/
楽天店 https://www.rakuten.ne.jp/gold/morimori/
Yahoo店 https://shopping.geocities.jp/kijinomori/

関連記事:入学・入園のご準備におすすめ生地

冬こそリネン♪ 冬におすすめリネンの魅力

こんにちは、生地の森です。
寒さもひとしお身にしみる頃となり、陽だまりがあるとホッとしますね。
生地の森 コルトレイクリネン 二重織り ダブルガーゼ

この時期になりますと、
「冬にも使えるおすすめのリネン生地は何ですか?」
とお問い合わせを頂きます。
「え、リネンは夏の生地ではないの?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、近年は冬でもリネンの生地のお洋服を、素敵にコーディネートされていらっしゃる方が増えていると感じております。

あのリネンでしか味わえないナチュラル感、
リネンでしか出せない独特な雰囲気を、シーズン問わず自分らしいおしゃれをして楽しまれているんだなと思います。

たしかにリネンの生地はさらっとした肌触りが汗ばむ季節にはとっても気持涼しげな生地ですよね。
でもリネンの素材の魅力はそれだけではありません。
秋~冬の季節になるとソフトでなめらかな触り心地に温かみを感るリネン生地もあるのです。
春夏と秋冬、それぞれの季節に向いた趣きを漂わせる魅力とは
何なのでしょう?・・・

それは、「生地の織りによる風合い」が関係してるのです。

例えばウールの素材を例にとってみます。
ウールと聞くと、冬の素材のイメージが強いかと思いますが、
サマーウールとも呼ばれ、春夏用の衣類に用いられる毛織物があります。
平織や変わり織といった粗目に織られた生地で、通気性が良くさらっとした触感が特徴なのです。
また平織に織られた毛織物はツヤが出にくいことも特徴で、「ポーラ」、「トロピカル」、「キャンバス」は紳士用の背広やスーツ地として用いられる代表的な毛織物です。
↓見た目にも表面がさらっとしているのがわかりますね。

では、冬物に使用される毛織物はというと、綾織りの生地が多く見られます。
綾織りにすることで織密度を高くし保温性を保たせる特徴もあるそうです。
また綾織の方が平織よりもタテ糸が多く表面に出るので素材のツヤが出やすく、
しなやかな表情が生まれる特徴があり、「ギャバ」、「サージ」などが冬の定番の毛織物です。
↓見た目にも表面のなめらかさに温かみを感じますね。

ウールの素材で、生地の織りによる質感の差が分かったように、
生地の森のオリジナルのリネン生地は季節はもちろん用途やデザインを考慮しながら、平織、綾織の織りの違いや特性を使い分け、
生地の表情や質感、さらに加工を施すことでそれぞれの特徴を生かした独特な趣きを創り出しています。
下の写真でも違いが分かりますでしょうか。
平織に織られた生地はしっかりとハリコシのある質感を生かし、
弾力のある風合いやシャリッとした肌ばなれ良く仕上げます。
綾織に織られた生地は、天然素材特有のなめらかさややわらかな質感が出やすく、
とろんとした柔らかい表情と肌馴染みのよい風合いに仕上がるのです。

リネンの素材は吸湿性や保温性があり温かいとも言われますが、
秋冬用にリネン生地を選ぶ際に、生地目が粗くては風を通して寒々しいので、
生地目の詰まった生地を選ぶこともポイントになります。
また平織のしっかりとした風合いや質感と、綾織りのとろんとなめらかな風合いや質感の見え方もポイントに、デザインやアイテム、用途などに合せて色々と落とし込んで頂いても良いのではないかと思います。
通年幅広い用途で生地を選ぶのであれば、平織の生地はオーソドックスですが、
秋~冬の季節には、綾織の生地の独特な表情と質感のものをぜひお試しいただければと思っております。

シェトランドウールリネンヘリンボン

それでも、結局色々あって何をえらんだらいいの?と迷ってしまう方のために、
生地の森が秋から冬向きに考えて作った「ウィンターリネン」の魅力をご紹介したいと思います。
生地の森の「ウィンターリネン」の特徴は大きく3つ。

、とろんとなめらかな風合い。
、より温かみが増した起毛感。
、リネンとウールをコラボ。

、とろんとなめらかな風合い。
綾織りの生地は素材の質感が最も出やすく、リネンにある光沢感やしなやかさが豊かな表情を生みだし、ぬくもりを感じさせます。秋口から春先まで真夏以外でお使いいただけます。

代表的な生地はこちら↓
綾織りアンティーク風ラミーリネン(IN50261)〈生地サンプル対象商品〉
生地サンプルはコチラ
綾織りタイプ アンティーク風ラミーリネン
とろみのある生地感としっとりとした柔らかさ。ふっくらとした厚みもあるのでボトムスアイテムにも使えます。

使い込んでいくうちにフェイドする特徴があり、アタリや色落ちの味わいのあるコントラストが楽しめます。もし何を作ろうかと迷っているときはこの生地を用意しておけば、トップス、ワンピース、スカート、パンツ、など様々なアイテムに使えますよ。

洗いこまれた綾織りベルギーリネン(IN50521)〈生地サンプル対象商品〉
生地サンプルはコチラ

トロンとし柔らかな風合いで、程良い光沢感となめらかな質感がシンプルなデザインにも仕立映えしますのでスーツやワンピース、セットアップなどすこし上品な装いにおすすめです。

ラミーリネンビエラ ダメージダイドウォッシュ(IN50674)〈生地サンプル対象商品〉
生地サンプルはコチラ

独特なシワ感とムラ感により着古したようなヴィンテージライクな趣きを表現しています。

他にはない粗野っぽさが楽しめますので、個性的なユーズド感が好きな方におすすめです。

、より温かみを増した起毛感。
生地の表面に起毛をかけることで、くったりとした柔らかさが増し、まるでウールを思わせるなめらかな質感にあたたかみを感じさせます。彩豊かになる秋の深まりと共にウォーム感たっぷりの生地を取り入れるのがよいですね。

綾織アンティーク風ラミーリネン起毛(IN50707)〈生地サンプル対象商品〉
生地サンプルはコチラ
綾織アンティーク風ラミーリネン1/25番手起毛
生地の森の究極ともいえるこだわりのウォーム質感。少量でしか作れないためとっても希少価値の高い生地です。
綾織アンティーク風ラミーリネン1/25番手起毛
独特な表情と質感はシンプルなデザインに映えてくれます。

1/25ベルギーリネンリュードバックハーフ両面起毛(IN50660)
〈生地サンプル対象商品〉生地サンプルはコチラ

平織の生地の両面に起毛をかけ、ふっくらとした厚みが生まれ、しっかりした中に柔らかさと温もりを感じさせるハイブリットな質感を創りました。

自然なムラ感や使い込むごとにフェイドする一味違った趣きが楽しめます。

 リネンとウールをコラボ。
リネンとウールそれぞれの特性を上手に活かし現われる不均一な毛羽感と自然なムラ感が独特なウォーム感を引き出しています。
ウインターリネンの象徴ともいえる「リネンウール」
だんだんと寒くなってくる頃にニットやブランケットとの相性も抜群です。

リネンウールの初代誕生した綾織リネンウール(IN50512)
〈生地サンプル対象商品〉生地サンプルはコチラ
シェットランドウールリネンヘリンボン
しっかりした厚みとふっくらとした弾力、毛羽感とムラ感とか混ざり合った絶妙な表情。なめらかな触りと3拍子揃った冬の定番アイテム。
シェットランドウールリネンヘリンボン
アウター羽織りものからワンピース、ボトムスにぴったりです。

ベルギーリネンウールビエラ1/40番手(IN50561)〈生地サンプル対象商品〉
生地サンプルはコチラ
【生地 布地】洗いこまれた ベルギーリネンウール ビエラ 1/40番手
ベルギーリネンを使う事によりなめらかさを活かし、程よい肉厚感と触れたくなるウォーム感。厚すぎず薄すぎずとろみのある落ち感とあたたかみがブレンドされた上質感漂う生地。

スーツやワンピース、セットアップなどワンランク上のアイテムにはこちらがおすすめです。

平織アンティーク風麻ウール1/25番手(IN50624)〈生地サンプル対象商品〉
生地サンプルはコチラ

とろんとした風合いとは対象的にあえてゆらぎのない密度を上げてしっかりさせた平織のリネンウール。毛羽とムラの荒々しい表情が使い込んだようなヴィンテージ感を引き出しメンズライクなコートやボトムスに向いています。

シェットランドウールリネンヘリンボン(IN50703)〈生地サンプル対象商品〉
生地サンプルはコチラ
シェットランドウールリネンヘリンボン
リネンウールの最新作。なめらかなリネンとは相反する剛毛なシェットランドウールをミックス、ヘリンボン織にすることで素材特有の粗野な毛羽感と霜降りがかった表情が独特なウォーム感を引き出します。
シェットランドウールリネンヘリンボン
なめらかな中にも反発性のあるふっくらとした風合い。チクッとした剛毛感がありますので直接肌にあたるものよりも羽織りもの、アウターに向いています。

まとめ・・・
リネンの生地は生地の織りや加工方法により、
見え方、触り心地、風合い感など質感に変化がありますので、織りの違いによる質感の違いを知って、季節や用途に合わせて使い分けていただくのがおすすめです。

通年をとおして、とくに春から夏には、平織のシャリッとした肌ばなれの良いリネン生地が好まれると思いますが、
秋から冬の季節には、綾織のしっとりとなめらかな肌触りのよい質感のリネン生地を取り入れて頂くのがおすすめです。

生地の森のウィンターリネンの魅力とは、
「温かみ感じる質感と趣漂う独特な風合い」
シンプルなデザインほど、その素材感や風味がデザインを引き立たせてくれますので、まずは簡単に出来るスカートやパンツからお試しいただけたらと思います。
また同じデザインのアイテムを素材を変えることで、がらっと仕立映えが期待できるかもしれません。
季節に合ったハンドメイドのオシャレを気軽に楽んでいただけたと思っております。
ぜひ、あなたにしか創り出せない秋冬ファッションに取り入れてみてください。

最後に・・・
それでも悩んでしまう時は、迷わず 生地の森(info@kiji-daiko.com)まで
お気軽にお問い合わせください。

皆さまのご利用を心よりお待ちしております。

関連記事
「冬でもリネン♪」

関連ページ
「秋冬おすすめ」
「リネンウール」

布生地の通販サイト「生地の森」
WEB本店:http://www.kijinomori.com/
楽天店:https://www.rakuten.ne.jp/gold/morimori/
Yahoo店:https://shopping.geocities.jp/kijinomori/index.html
インスタグラム:https://www.instagram.com/kijinomori/

ソーイングやハンドメイドの生地選び パンツ・サロペットなどにおすすめ生地

こんにちは 生地の森 です。

手芸、ソーイング、洋裁、ハンドメイド、手作り服に欠かせない生地選び。
作りたいものは決まっているけど、どんな生地を使おうかと悩みますよね。

その中でもとくにボトムスに向いた生地について、どんな生地が向いているのかとお問い合わせを多く頂きます。
寒い時期は厚手のしっかりしたもの。
暑い時期は、薄手でも1枚で着ても透けにくいものなど…

そこで、ほぼシーズンレス(真夏の酷暑以外)でパンツ、サロペット、カバーオールなどボトムスアイテムから、ジャケット、ブルゾンなどの羽織りものアウターに向いた生地をご紹介したいと思います。

綿麻ルーズオックスダメージダイド(IN50654)綿麻ルーズオックスダメージダイド
もともとはキナリとオフホワイトの2色展開から販売したのですが、この生地の風合いはまさしくボトムスにぴったりと思い、多色展開に踏み切りました。
全14色、くすみがかった渋目なお色目となっております。
綿麻ルーズオックスダメージダイド
この生地はしっかりとした厚みのある生地ですが、洗いこんであるのでふっくらとした柔らかさが感じられます。
特徴的なのは、自然なシワ感と染めムラ感のある表情が、着古したヴィンテージ感を漂わせているので、メンズライクなワーク系カジュアルにもぴった りかと思います。
パンツアイテムはもちろん、ジャケットやアウターなど季節の変わり目の羽織りものにおすすめです。

続いて、生地の取扱いについて、
生地は水通しをした方がよいのかと尋ねられます。
この生地もそうですが、麻リネン、コットンという天然繊維の生地は、どうしても水洗いで収縮することは避けられません。
なのでお仕立て前に生地のゆがみを収縮を整えるために水通しを行われます。

では、水通しやお洗濯でどのくらい生地が縮むのかさっそく試してみたいと思います。
IN50654-2 モカグレーの生地で試してみました。
生地にタテ10㎝×10㎝の四角を書いて寸法の変化を見てみます。


浸水は約1時間程度で十分です。

水通し:タテ9.8㎝、ヨコ10㎝ 縮率2%

次に水洗いのお洗濯を試しました。

水洗い:タテ9.8㎝、ヨコ10㎝ 縮率2%
結果どちらもヨコ方向の縮みはなく、タテ方向の縮みが約2%出ていることがわかりました。1mならやく2㎝前後の縮みが出ることになります。

この生地に関しては、平織の生地で揺らぎもない生地感です。生地のゆがみや縮みをさほど気にしないのであれば、必ずしも水通しはしないといけないという決まりはありませので、デザインや用途に応じて、水通しを有無を選んでも良いかと思います。

またこの「綿麻ルーズダメージダイド」は目立った歪みもない生地なうえに、あえてシワ・ムラ感のある粗野な雰囲気を出しているので、多少のゆ がみが自然にあらわれることで、素材感がより引き立つという考えかたもあります。
そこでスタッフが作品で試してみました。

やや大き目なサイズ感のエッグパンツ。
ハリのある固い生地を使うと、ボリュームがでて大きく見えてしまいますが、この生地は見た目よりも柔らかい風合いなので、ふくらみも押さえられスッキリとしたシルエットになりました。
この時、あえて水通しはせずに製品にしてから洗濯機でガラガラと洗って仕上げたそうです。ポイントとしては、縮み分を考慮して前もって長めに設定しておけばよいそうです。

「綿麻ルーズオックスダメージダイド」の生地のことはわかっていただけましたでしょうか。
洗いざらしのラフな取扱いでも意外とサマになる生地ですので、ソーイング初心者の方でも簡単に作れるパンツやスカートからお試しいただけたらと思います。

ちなみに商品名の「ダメージダイド」とは、当社のオリジナル生地をつくる加工方法の呼び名です。
あえて素材の持ち味を生かし自然に表れるシワ感や染ムラを残し、着古したヴィンテージ感を作り出しています。
生地表面は不均一な染めムラが出ておりますが、それがこの素材の風味を引き立てています。
綿麻ルーズオックスダメージダイド

他にもダメージダイドの生地はございます。
天日乾燥した綿麻生地(IN50046)
オリジナル麻(IN50145)
コットンリネンスラブローン(IN50562)
使っている素材によって生地の表情は風合いはそれぞれに趣きがあります。
よろしけば商品ページもご覧ください。

最後に。
只今ネットショップ生地の森では、当社の生地を使っていただいたた作品の投稿をお寄せいただいております。
作品のご投稿は、インスタグラム#生地の森をつけてお寄せいただきますと、皆さまでシェアすることが出来ます。
Instagram#生地の森

もっと詳しくは、生地の森 メールアドレス(info@kiji-daiko.com)までお問合せください。
ぜひ、今後も皆さまの創作活動にお役立ていただけたら幸いです。

生地・布の通信販売 生地の森
WEB本店 https://www.kijinomori.com/
楽天店 https://www.rakuten.ne.jp/gold/morimori/
Yahoo店 https://shopping.geocities.jp/kijinomori/
公式インスタグラム https://www.instagram.com/kijinomori/