パンツを作りたいけど、どんな生地が向いているの?

こんにちは 生地の森 です。

手芸、ソーイング、洋裁、ハンドメイド、手作り服に欠かせないのが生地選びですね。
作りたいものはなんとなく決まってのに、どの生地にしたら失敗しないかとすこし不安にもなります。

日頃ご相談を頂く中でも、特に多いのが「パンツに向いた生地選び」です。
素材のことや、透け感のことなどそれぞれですが、真剣に悩まれているのを聞くと、親身になってし考えてしまいます。

そこで今回は、一つのデザインで、それぞれ違った生地を作ったら、どんなふうに見えるか。実際に作られた作品をご紹介したいと思います。

①コットンライトキャンバス

コットンライトキャンバス IN50594
コットンライトキャンバス IN50594 新色 「ライトベージュ」「イエロー」「グリーン」「チャコールグレー」登場
新色 「ライトベージュ」「イエロー」「グリーン」「チャコールグレー」発売中

ワイドパンツ コットンライトキャンバス IN50594 グリーン
コットンライトキャンバス(IN50594)グリーン使用 用尺2m

【感想】
ハリのある生地なので、ラインがきれいに出ました。
縫いヅレもしにくくギャザーも意外に綺麗に寄るので、とても縫いやすい生地でした。丈夫で動き易さがあり子供のボトムス用生地としても最適です。

②ワイド幅ベルギーリネン1/25番手

ワイド幅ベルギーリネン1/25番手 IN50709
ワイド幅ベルギーリネン1/25番手 IN50709 新色「アーミーカーキ・インディゴネイビー・ブラック」
新色「アーミーカーキ・インディゴネイビー・ブラック」登場
ワイドパンツ ワイド幅ベルギーリネン1/25番手 IN50709 ベージュ
ワイド幅ベルギーリネン1/25番手(IN50709) ベージュ使用 用尺2m

【感想】
洗いざらしのような雰囲気のある生地なのでこのようなメンズライクな形がぴったりだと思います。
厚みもあり透け感もないので、一枚仕立てで作れます。

①と②の2つは『大きな服を着る、小さな服を着る。』濱田 明日香 (著) 文化出版局に掲載されているワイドシルエットのパンツになります。

同じデザインですが、コットンの素材とリネンの素材、それぞれの風合いや質感、ハリ感など見えましたでしょうか。
生地それぞれの風合い、質感による仕上がり感は違いますし、印象も変わってきますね。
それぞれの違いがわかれば、アイテム作りも楽しくなること間違いなしです!

まだ初心者で自信が無いという場合や、とにかく失敗はしたくないけど、素敵に仕上げたいという場合は、 コットンライトキャンバスの生地からお試しいただくのが良いかと思います。
手作りは何枚が作っていくうちにだんだんとコツをつかんで慣れてくるので、チャレンジしてみるのが 失敗をしない 近道かと思います。

パンツの生地選びに迷われたら生地違いによる比較 
生地違いによる比較
それぞれの風合い、質感による仕上がり感や印象も変わってきますね

よろしければ、今後のご参考にご覧頂けたら幸いです。

もし生地選びで迷われたら、
生地の森 メールアドレス(info@kiji-daiko.com)までお問合せください。

関連ページ
ソーイングやハンドメイドの生地選び パンツ・サロペットなどにおすすめ生地
ボトムス・パンツにおすすめ生地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。