お部屋の雰囲気作りに、リネンのカーテン生地のこと。

こんにちは 生地の森 です。
この季節になると、リネンのカーテンにどんな生地が向いているかというご相談を頂きます。
これまで服地を目的として、ファッション性に富んだ生地を中心に考えてきていたので、最初は少し戸惑ったことを思い出します。

うちの生地はカーテンに向くのかなあと、正直不安でした。

それは、カーテンの生地とは、生地には洗っても縮まないような、防縮加工という特殊加工を施し、火災なで火が燃え広がらないような防炎加工、さらには、直射日光を遮る遮光機能、などなど様々な機能性に富んだ付加加工がされ、カーテンの生地はそれらがあることが大前提とも言われます。

そのようなカーテンの生地とくらべて、当店の生地は一切そういった付加加工は備えていません。
天然素材の綿や麻の生地は、素材本来持つべき性質があるので、そのような機能性は重視されていません。
もし仮に使って頂いても、「洗ったら縮んだ」「色が焼けた」「光を遮らない」など、不満の声をいただくのではないかと心配の方が先に膨らみました。

なんでカーテン生地でもない、リネンの生地をカーテンにするのだろう・・・とその当時は疑問と不安で一杯でした。

そのあと、他の仕事の都合で、とある住宅を訪問したときのこと。
そのお宅のリビングには大きな窓ガラスがありまして、そこに白い布の素朴なカーテンがかかっていました。
直ぐに気になって素材を聞くと、リネンの生地でした。
いままで使っていたカーテンがいまいちしっくりこなくて、そのあと色々と探しても見つからず、最終的に知り合いにお願いして、この白いリネンの生地で窓のサイズに合うようにオーダーメイドしたとか。
ちょうど先日、出来上がったばっかりと、満足そうに眺めている姿がとても印象的でした。

天井まである大きな窓なので、日差しとか、透け感などきになったりしないのかなあと思いながら、お話を聞いてみたら、とにかく気に入ったものにしたかったとのこと。
庭は大きな木で囲まれていて、とくに周りの家から見られる心配とか、日を遮断させるとか、そんなことは対して気にしていなかったようです。

なんかすごくかっこいい。。。その考え方すごくいい。
わたしは既成概念にとらわていたことに気づいた瞬間、急に恥ずかしさを覚えました。
リネンのカーテンもすごく素敵だし、この人らしいと、うらやましく見えました。目からうろこということはこういうことなのでしょうか。

それから、リネンの生地をカーテンにしたいという方は、きっとこういう感覚に近いものをもっているのではないかと、はっと気づきました。
本来あるカーテンの機能性を求めているというよりも、
その人の感覚にあったもの、センスよく見えるもの、
どこかでみた素敵な雰囲気に憧れて、自分の感覚にフィットするものを探しているんではないかなと思いました。

それでなければ、うちの店に探しになんかこないことにも気付き、それなら、生地を探しに来る人みんなに寄り添っていけるように一掃頑張りたいと思いました。

あの出会いから、リネン生地のカーテンはとっても素敵だなと思います。
リネンの生地のカーテンは、本来もつカーテンの重厚な感じではないけれど、お部屋をやわらかい光につつんでくれて、主張しません。素材そのものが醸し出す素朴なぬくもりは他では味わえない雰囲気があります。
たったの布1枚でも、お部屋の雰囲気や見え方までを一新して変えてくれるのですね。

今、生地の森の事務所の撮影場所の一室、南向きの窓一面はリネン生地のカーテンです。
日中はさすがにまぶしい日差しを浴びますが、朝や夕方は何とも言えない、ぬくもりのある光が部屋の空間を包んでくれます。

生地の森のカーテン

もし今このページにたどりついた方、リネン生地でカーテンをと探している方がいらっしゃいましたら、一つのヒントとしてご参考までにご覧頂けたらと思います。


ここからは天然素材の生地の特徴と合わせて、お部屋の空間演出にピッタリな生地の森のおすすめの生地をご案内します。

お部屋の雰囲気づくりにおすすめの生地

in50407 コルトレイクリネン高密度交織ツイルソフトタンブラー仕上
生地の森のカーテン生地
コルトレイクリネン 高密度交織ツイル ソフトタンブラー仕上げ (IN50407)

生地が密に織られており、綾織タイプなので光沢感があります。
素材はリネンとコットンの交織なので、くったりとした柔らかさがあります。
リネン(亜麻)は素材の特性上、黄味が強いので、オフ(晒して白にする)と若干オフホワイトも黄味が強くなります。
白っぽい生地がお好みの方は、こちらのコルトレイクリネンとコットンの交織の生地をおすすめします。 
生地サンプルはコチラ

IN50093 洗い込まれたベルギーリネン
生地の森のカーテン生地
洗い込まれたベルギーリネン 1/25番手(IN50093)

こちらはベルギーリネン(亜麻)の素材の生地です。素材の特性上亜麻色といわ
れるように、キナリの黄味が強いのが特徴です。
他の生地と比較しないとわからない程度ですが、
オフ(晒して白くする)もキナリが影響するので、黄味が若干つよくなります。
ふっくら感とくたっとした柔らかな風合いは、見ているだけで優しい気持ちにさせてくれます。
生地サンプルはコチラ

IN50709 ワイド幅ベルギーリネン1/25番手
おすすめ 
ワイド幅ベルギーリネン1/25番手(IN50709)

麻らしいざらっとした質感とざっくりとした風合いで、粗野感のある素朴なカッコよさがあります。140cmと広幅の生地なので、たっぷりとつかえるのもポイントです。男前なインテリアをお好みの方にはおすすめです。
生地サンプルはコチラ

洗って洗って洗いこまれたラミーリネン1/40番手
おすすめ
洗い込まれたラミーリネン1/40番手(IN50588)

タテ糸にラミー(苧麻)とヨコ糸にリネン(亜麻)の糸を交織させて、シャリッとした肌触りと、ソフトな弾力が特長です。ラミー(苧麻)の原料のキナリはリネン(亜麻)と比べると青白い色味があるので、この交織の生地もオフ(晒して白にする)もキナリに影響されるので、青白気味のオフホワイトになります。
また程よい光沢感もあるので、ほんのりエレガントな雰囲気もあるかもしれません。
生地サンプルはコチラ

洗い込まれたベルギーリネンローン1/80番手 キナリ、オフホワイト
おすすめ
洗いこまれたベルギーリネンローン1/80番手 (IN50664)

1/80番手の極細番手リネン糸で織られたローンタイプの生地です。
天然素材でこんなに繊細な風合いの生地は他にはないかもしれません。それくらい希少価値のある細番手のリネン生地ですので価格もそれなりですが、雰囲気はたっぷりと感じていただけるかと思います。薄手の生地なのできっとレースのカーテンのように使うのが良いかと思います。
生地サンプルはこちら

リネン生地など天然素材の生地をカーテンに使用する際の注意点

前にも申しましたが、当店の生地はカーテン用につくられた生地ではございません。なのでカーテン生地の本来もつ機能面や付加加工は施しておりませんので、ご了承ください。

天然素材の生地の特徴

綿や麻の天然素材の生地は直射日光に非常に弱いです。
なので、カーテンにされると生地の劣化は進みます。
色物に限らず、キナリやオフホワイトも日焼けで色褪せしますので、ご注意ください。
また素材の特性上、洗濯により若干の縮みは避けられません。

最後に…
ここまでお読み頂きありがとうございます。
リネンなど天然素材の生地をカーテンに使われるにあたっては、
透け感、縮み、色褪せ、色やけ、劣化は避けられません。また遮光はしません。 あくまでも、機能性ではなく、 自然素材そのものが醸し出される風合い、 雰囲気作りにお楽しみください。

経年による変化も自然素材ならではの味になります。
ゆとりのあるライフスタイルに、お使いいただけたら幸いです。

洗って洗って洗いこまれたラミーリネン1/40番手

こちらもおすすめ

生地の森(公式ストア)
「春夏おすすめ生地 夏のおすすめ」