生地の森の麻・リネンの起毛生地

こんにちは生地の森です。

厳しい寒さが続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

新型コロナウイルスの感染も急速な勢いで拡大して、またしばらく不要不急の外出を控えることや、引き続きマスクの着用、手洗いうがいの徹底など体調にはくれぐれも気を付けてお過ごしください。

さて思い切って外出とはなかなか行かないこの時期、ゆっくりのんびりおうちでハンドメイドを楽しみませんか。

そこで、冬こそリネンの生地を試したいあなたに「生地の森のウィンターリネン」の中から、ふっくらとやわらかくてあたたみのある「麻・リネンの起毛生地」をご紹介したいと思います。

生地の森では冬でも麻・リネンの生地を楽しんでいただけるように、見た目のあたたかみはもちろん肌触りは風合いにもこだわっています。その中でも特に起毛を施したリネン生地は、手触りが心地よく肌寒さを感じる季節には最適な素材です。

リネンウールだとウールの多少のチクチク感が気になったり、麻特有のチクチク感を感じるという方も、起毛されたリネン生地なら肌触りも柔らかく滑らかでチクチク感も軽減されますのでお子様も大人の方も安心してお使いいただけると思います。

また最後に麻・リネンの起毛生地についてのお悩みやお取扱いについてもご案内しておりますので、ぜひ参考にご覧いただけたら幸いです。


【 目次 】

  • 起毛とは
  • 生地の森の麻・リネンの起毛生地とは
  • 生地の森の麻・リネンの起毛生地の代表作
  • 麻・リネンの起毛生地についてのお悩みQ&A

・起毛とは

生地の森 麻 リネン 起毛

生地表面の繊維を毛羽立たせる加工技術で、ふっくらとした柔らかな風合いに仕上がります。
片面のみ起毛させたものや両面起毛させたもの、目の細かいものや毛足の長めなもの、分厚いものや、薄手のものと種類はさまざまです。

・生地の森の麻・リネンの起毛生地とは

麻・リネンの素材は、肌寒い季節は体温を逃がさぬように調節し、温かさを保つ性質があります。また汗を吸い取りやすく乾きやすい優れた性質もありますので、屋外と室内の寒暖差のある季節には両方の性質が発揮されて快適な素材とも言えるのです。

そのような性質を持った麻・リネンの生地に起毛加工を施し、表面を滑らかに手触りを柔らかくふっくらとしたあたたみ風合いに仕上げたのが、生地の森の麻・リネンの起毛生地です。

生地の森 麻 リネン 起毛

・生地の森の麻・リネンの起毛生地の代表作

┃ PICK-UP ITEM 1 ┃

生地の森 麻 リネン 起毛 綾織アンティーク風 ラミーリネン25番手起毛

綾織アンティーク風 ラミーリネン25番手起毛(IN50707)

綾織りのリネン生地はもともと素材特有の性質が表情に出やすく、しなやかで滑らかな風合いに仕上がります。

生地の森 麻 リネン 起毛 綾織アンティーク風 ラミーリネン25番手起毛

その綾織りの生地に起毛を施すとさらにふっくらとした肉厚感が加わり、ふんわり滑らかな肌触りの良さが生まれます。しっとりとしたとろみの良い風合い感と相まって、まるで長年愛用してきたような味わい深いリッチなぬくもりを漂わせます。

生地の森 麻 リネン 起毛 綾織アンティーク風 ラミーリネン25番手起毛

おうちでくつろぐ時も上質な素材で優雅に。

ちょっとしたお出かけにもさっと羽織ってお洒落に。

綾織アンティーク風 ラミーリネン25番手起毛(IN50707) はコチラ

┃ PICK-UP ITEM 2 ┃

生地の森 麻リネン 起毛 ベルギーリネン25番手リュードバックハーフ両面起毛

ベルギーリネン25番手リュードバックハーフ両面起毛(IN50660)

揺らぎの少ない平織りのリネン生地なので初心者でも扱いやすいと定評です。

この生地は、表と裏の両面に起毛加工を施してふっくらとした厚みとくったり柔らかみのある風合いに仕上げました。微細な起毛感で肌触りも優しく、素朴なぬくもりを漂わせます。

おうちでは背中あったかベスト替わりにもなるサロペットワンピース。
春先にはシンプルなおめかし着としても。

ベルギーリネン25番手リュードバックハーフ両面起毛(IN50660) はコチラ

・麻・リネンの起毛生地についてのお悩みQ&A

Q.水通しは必要?

A.麻・リネン生地と同様に天然繊維の生地は水にさらすと多少の縮みが生じます。予め作るサイズが決まっているものや、縮みによる歪みなどを防ぐためにはお仕立て前に水通しをして地直ししていただくことをお勧めします。
ただし起毛生地は普通の生地よりも非常にデリケートです。洗濯機で長時間脱水されたり、手で強く絞ると摩擦が起きてダメージを与える原因になりますのでご注意ください。

Q.家庭でお洗濯できるの?

A.麻・リネン生地と同様にご家庭でのお洗濯は可能です。ただし長時間の浸水や脱水は生地を傷める原因となります。また普段のお洗濯で使われる蛍光剤入り洗剤や、塩素系漂白剤など強力な洗剤も繊維を傷める原因となりますのでご注意ください。起毛の生地の風合いをすこしでも長持ちさせる為には、おしゃれ着洗い洗剤を使われたり、起毛面を裏返して洗濯ネットをお使いいただくのがおすすめです。

Q.アイロンはしてもいいの?どうやってあてるの?

A.起毛された生地は非常にデリケートなので、毛羽のある面に直接当ててしまうと白化してテカる原因になります。なるべく裏から当てていただくか、当て布を使用してあまり強く押し当てすぎないようにご注意ください。また起毛のある生地はアイロンを無理に押し当てて伸ばしてしまうとかえって起毛感を失いかねません。多少のシワ伸ばしならアイロンをすこし浮かせるようにスチームを当てる程度で充分です。

Q.起毛生地は毛玉ができるの?

A.毛玉は摩擦などが生じた場合、繊維と繊維が強く擦れあうことにより生じます。とくに長時間のお洗濯の回し過ぎや強い脱水によるダメージが毛玉や繊維を傷める原因にもなりますので、洗う頻度を極力減らしたり、お洗濯の際は手洗いや洗濯ネットをお使いになるなど、日頃のお手入れにより毛玉は付きにくく生地は長持ちします。また毛羽や毛玉が気になるといってコロコロテープなどの粘着力のあるもの当てるのはかえって摩擦や静電気を起こして毛羽や毛玉の原因になりかねませんのでご注意ください。

Q.起毛生地の毛羽がほかの衣類につくのが気になる。毛羽がつかない(出ない)方法はあるの?

A.起毛とは生地の表面を特殊な機械を使って引っ搔いてあえて毛羽(けば)を出しています。毛羽を出すことによって肌触りが柔らかくふっくらとした厚みも出てあたたみのある表情を作り出しております。
一般には表面の片面だけの起毛のものが多いのですが、当店は柔らかさを出すためにあえて両面起毛している生地もあります。両面起毛は肌にあたる内側の面も毛羽を出していますので、下に着ているものと擦れあうことでどうしても毛羽は付きやすくなると思われますが、起毛生地の特性としてご理解をいただけますと幸いです。

Q.起毛生地の毛羽がいつまでも出て洗濯するとほこりがたまる。出ない方法があるの?

A.起毛とは生地の表面を特殊な機械を使って引っ搔いてあえて毛羽(けば)を出しています。ほこりは繊維のくずが飛散したものなので、生地の表面に引っ掻きキズが付いた起毛生地は通常の生地よりも繊維のくず(ほこり)も出やすいものとしてご理解ください。

Q.麻・リネンの起毛生地は子供のスカートやズボン向いている?


A.起毛生地は肌触りが柔らかくふっくらとした風合いですので、お子様用のスカートやパンツなどのボトムスアイテムにお使いいただけます。また起毛生地は表面が毛羽立っているので汚れもつきにくく落ちやすいという特徴もあります。ご家庭でお洗濯も可能ですので普段使いに最適です。ただし麻・リネンの生地の素材特有のチクチク感の感じ方には個人差があると言われています。肌がデリケートな方や敏感な方、また神経質な方にはあまりお勧めしておりません。
尚、生地の森の麻・リネンの起毛生地は布帛(ふはく)という織物の生地になります。ニット素材のような伸縮性のある生地ではありませんので、スパッツなどぴったりとフィットしたデザインには向いておりません。程よいサイズ感で運動量を加味したゆとり分のあるデザインのものにお使いください。

Q.起毛生地にも毛並の向きがあるの?


A.生地により起毛の加工方法はさまざまですが、生地の森で上記にご紹介した麻・リネンの起毛生地に関しては方向性は特にありません。もし生地の表面を手で撫でてみて毛並みの方向を感じれば、一方方向で裁断されることをお勧めします。


最後までお読みいただきありがとうございます。

厳しい寒さはまだまだ続きますが、生地の森の麻・リネンの起毛生地は春先までロングシーズンでお使いいただけますのでぜひ身近なものでお試しください。

皆さまのご利用を心よりお待ちしております。

生地の森 ウィンターリネン 冬 リネン

関連記事

特集:生地の森のウィンターリネン

特集:冬のおすすめ生地

生地の森公式オンラインストアはコチラ