会員優待クリスマスセール
生地の森 新規会員登録キャンペーン
生地の森 ウィンターポイントキャンペーン
メールマガジン会員募集中
 
    

the ORIGINAL

PHILOSOPHY

ものづくりの理念

私たちは、生地の企画から、織布、染色、仕上げの全行程において一貫して管理をして販売を行っております。

生地の森オリジナルは、素材の風合い作りや面(ツラ)の出し方、染色の技術において、地元浜松の地で、天然繊維を熟知した職人の熟練された技術と勘によってつくり出しております。

生地は「生き物」

綿や麻は植物です。二つとして同じものはありません。
それらを原料とする天然繊維は原料のバラつきで品質が左右されます。

大量生産の繊維製品は高い品質基準を保つために薬品による下処理など、生産性の効率化が求められています。
非常に均一的で品質の良い安定したものこそ、一般の消費者には認められるからです。

しかし、それでは世の中のものが均一化され、いつか飽きられてすぐに捨てられてしまうような価値にもなりかねません。

わたしたちの創造は
「味」と「雰囲気」

私たちは、一般的な製造方法や既存の品質の枠にとらわれず、天然素材から醸し出される繊細で豊かな表情が、旨味や風味を生み出し、独特で魅力的な雰囲気をつくり出すと確信しております。

生地の森オリジナルは、私たちの独創性をもって、ありきたりなものでは満足しないという使い手の創造を湧き立てるような、唯一無二の存在でありたいと思っております。

CHARACTERISTIC

オリジナル生地の特徴

生地(または糸)は、一般的にシルケット加工という薬剤処理を行ないます。
このシルケット加工を行なうことで、生地表面の凸凹が均され、染色の浸透率や定着率が安定し、量産しやすくなります。

ただ、表面を均すことで、のっぺらとした表情になりがちで、天然繊維(綿や麻・リネン)の糸本来の風合いが損なわれてしまうのです。あぜ道からアスファルトに舗装した道路にするようなイメージです。

生地の森のオリジナル生地は、天然繊維(綿や麻リネン)の糸本来の味や生地の自然な表面感(凹凸)を表現できるよう、生地の殆どは、あえてこのシルケット加工を行なっておりません。

凸凹があることで、風合いも豊かになり、色の厚みが生まれ、自然なムラや他にはない独特な表情を楽しむことができます。
ただ、薬剤を使わずに加工すると、品質を一定に保つことが非常に困難になります。大量生産ができませんので、手作業の工程が多くなり、決して効率的ではありません。

しかし、職人の手で一つ一つ丁寧に作り上げるからこそ、素材の自然な風合いや色合いが生きていると自負しております。

生地の森のものづくり

「手間をかける」

生地の味の決め手となる織。
カツン、コツン。今やすっかり希少なシャトル織機がまだ現役で動いています。

絶え間なく往復するシャトル。しかし機械だけで織っているわけではありません。織るまでにはまだたくさんの工程に多くの職人の手が関わっているのです。

コンピューターですべて制御できる世界。
安価でコストパフォーマンスの高いものがもてはやされる風潮の中、私たちのものづくりは非効率でばかげているでしょうか。

私たちは、時間を追わず手間を惜しまない職人たちの人間味が培われて生まれる「ふんわりとやさしい味わい」をずっと大切にしていきたいと思います。

「感を込める」

一刻ごとに変化する気温と湿度。
生地染めの現場では、わずかな環境の変化が仕上がりに影響します。手で触れ、心で感じ取り、ほんのわずかな調整を繰り返しながら生地を染めていくのです。

職人たちが長年の経験から培った技術は「感じること」かもしれません。

人の感、職人同士の心配りがこだわりのある繊細な表情を創り出します。手間を惜しまず、生地に心を込めること。私たちがもっとも大切にしているものづくりの姿勢です。

ITEM LIST

究極の非合理さが生んだ、
本物の色落ち加工
Rudeback® Half

リュードバックハーフ

Rudeback®の製法をベースとし、硫化染料を用いて繰り返し染められた生地を、さらにワッシャーで色を洗い落とす手法で製造されています。
決してハードな色落ちではありません。
「上品かつ繊細な色落ち加工」が施されていることが特徴です。
新品の状態から「こなれ感」を楽しみつつ、着用を重ねるたびに表情を変えていく魅力的な生地に仕上げています。
※Rudeback®は大垣株式会社及び
染工場の商標登録です。
はじめは発色の良い生地が使っていくごとに、肌に馴染むように変化を重ねていきます。

はじめは発色の良い生地が使っていくごとに、肌に馴染むように変化を重ねていきます。

色落ち度合いは使い手次第。色を落としたくなければ洗わないという選択肢も。

色落ち度合いは使い手次第。色を落としたくなければ洗わないという選択肢も。

ご利用にあたっての注意点

・反の中で多少の色の濃淡があります。最寄のパーツよりお取りください。
・シワや折れスジ、染めムラがあります。
・強く擦れられるとアタリ(白化現象)、光ったようなスジ等が発生します。
・お洗濯により多少色落ちします。
・摩擦による色移りの恐れがあります。他の物を分けて洗ってください。
色ごとで風合いや生地幅に多少の差異が生じます。

ご利用にあたっての注意点

着続けることの楽しさddw®

ダメージダイド&ウォッシュ

ddw®シリーズは、生機(キバタ)の状態から特殊なダメージを生地に加え、同時に染を施す「ダメージダイド&ウォッシュ加工」を用いて製造しています。
大量生産では決して再現することのできない偶然性の高い「染め感」と「風合い」を持ち合わせ、さらにウォッシュアウトするたびに
表情を変えていくことも特徴のひとつです。
同じ表情はこの世に二つとないという偶然性、そして三次元にした際に「深みのある形」が現れることが、愛される理由のひとつかもしれません。
パンツ地のみならず羽織物にも対応できるしなやかさを備えたddw®は、着れば着るほどに味わいが深まり、着る人の暮らし方、
人の波動が生地の面(ツラ)に現れます。
だからこそ、ddw®で仕立てられた衣服を身に纏えば、「着続けることの楽しさ」を感じることができるでしょう。
※ddw®は大垣株式会社及び
染工場の商標登録です。
作為的でない自然なムラ感が独特な味わいを引き立てます。

作為的でない自然なムラ感が独特な味わいを引き立てます。

手作りとは感じさせない存在感を漂わせます。

手作りとは感じさせない存在感を漂わせます。

ご利用にあたっての注意点

・ムラ染めのため、反の中での色ムラが一般より大きくなります。
・ムラ染めのため、シワや折れスジ、染めムラが一般より強く出ます。
・生地の両耳端にシワ、折れ、染料だまりがあります。強く擦れられるとアタリ(白化現象)、光ったようなスジ等が発生します。
・お洗濯により多少色落ちします。
・摩擦による色移りの恐れがあります。他の物と分けて洗ってください。
・色ごとで風合いや生地幅に多少の差異が生じます。

ご利用にあたっての注意点

イノベーションが生み出した唯一無二の表情Natural dyed

ナチュラルダイド

2000年代前期に生まれたnatural dyed。
生機に薬品を用いた下処理を行うことなく、生地を日中夜寝かせてダイレクトに少しずつ色を染めていくのがnatural dyedの最大の特徴で、
他の生地にはない革新的な製法です。
そのため、素材が本来もっている表情を殺さずに面感や風合いを生み出すことが出来ます。
シャツやブラウスなどの薄手のものに使用すると素材感が生き、風合いの良さが発揮されます。

立体的なふくらみのあるシボ感が雰囲気を引き立てます。

立体的なふくらみのあるシボ感が雰囲気を引き立てます。

製品にしてから洗うと、より風合いが馴染みます。

製品にしてから洗うと、より風合いが馴染みます。

ご利用にあたっての注意点

・ムラ染めのため、反の中での色ムラが一般より大きくなります。
・ムラ染めのため、シワや折れスジ、染めムラが一般より強く出ます。
・生地の両耳端にシワ、折れ、染料だまりがあります。
・強く擦れられるとアタリ(白化現象)、光ったようなスジ等が発生します。
・お洗濯により多少色落ちします。
摩擦による色移りの恐れがあります。他の物と分けて洗ってください。 色ごとで風合いや生地幅に多少の差異が生じます。

ご利用にあたっての注意点

古臭さがにじみ出るVintage

ヴィンテージ

最初は発色の良い生地が、使っていくごとに徐々に肌に馴染むように。

最初は発色の良い生地が、使っていくごとに徐々に肌に馴染むように。

目に見えた大きな変化はありませんが、ゆっくりと味わいが増していきます。

目に見えた大きな変化はありませんが、ゆっくりと味わいが増していきます。

長年使い込む程にこすれやアタリがつき、古服風合い(古着感)を実現させた加工。 日々使うことの繰り返しで付いていくアタリやこすれが、 生地の表情や風合いを増してゆっくり表面変化していきます。
使い込むほどにアタリや擦れの表情が増して味が深まります。

ご利用にあたっての注意点

・反の中で多少の色の濃淡があります。最寄のパーツよりお取りください。
・強く擦れられるとアタリ(白化現象)、光ったようなスジ等が発生します
*お洗濯により多少色落ちします。
・摩擦による色移りの恐れがあります。他の物を分けて洗ってください。
*色ごとで風合いや生地幅に多少の差異が生じます。

ご利用にあたっての注意点

粗野でラフな味わいLiquid winkle dyed

リキッドウィンクルダイド

洗いっぱなしの無造作なシワ感がラフな味わいを引き立てます。

洗いっぱなしの無造作なシワ感がラフな味わいを引き立てます。

作り込み過ぎない、抜け感を演出。

作り込み過ぎない、抜け感を演出。

キバタの味を変えることなく素材そのものが醸し出す自然なシワやムラを活かし粗野感を実現させた加工。
色褪せたくすみがかった発色が特徴。
ムラ染めのため、染めムラ、スジ、シワ等が一般よりもランダムに出ております。
素材味を際立たせざっくりしたタッチが、なんともいえない抜け感を演出。

ご利用にあたっての注意点

・ムラ染めのため、反の中での色ムラが一般より大きくなります。
・ムラ染めのため、シワや折れスジ、染めムラが一般より強く出ます。
・生地の両耳端にシワ、折れ、染料だまりがあります。
・強く擦れられるとアタリ(白化現象)、光ったようなスジ等が発生します。
・お洗濯により多少色落ちします。
・摩擦による色移りの恐れがあります。他の物と分けて洗ってください。
・色ごとで風合いや生地幅に多少の差異が生じます。

ご利用にあたっての注意点

自然体が魅力的Double wash

ダブルウォッシュ

立体的なふくらみのあるシボ感が、自然素材の素朴な風合いを引き立たせます。

立体的なふくらみのあるシボ感が、自然素材の素朴な風合いを引き立たせます。

自然な風合いを生かしたピュアな雰囲気が魅力的。

自然な風合いを生かしたピュアな雰囲気が魅力的。

洗いざらしの自然な風合いに仕上げてあります。 生地表面に凹凸(シボ)、スジ、シワ等がランダムに出ております。 素材の奥深さを引き出した自然体な上質感がシンプルにサマになります。

ご利用にあたっての注意点

・生地の両耳端に強めの折れシワが発生する場合があります。
・色ごとで風合いや生地幅に多少の差異が生じます。
・キナリ、オフホワイトは経年変化で黄ばみや直射日光で変色します。

ムラなく綺麗Reqular

レギュラー

均一的なツヤ感、上品な光沢感のある表面感。

均一的なツヤ感、上品な光沢感のある表面感。

揺らぎも少なく、ハンドメイド初心者の方でも扱いやすい素材感です。

揺らぎも少なく、ハンドメイド初心者の方でも扱いやすい素材感です。

生地表面はフラットに仕上げてあります。
唯一シルケット加工を施して、表面の滑らかなツヤの仕上がりです。

ご利用にあたっての注意点

・強く擦れられるとアタリ(白化現象)、光ったようなスジ等が発生します。
・色ごとで風合いや生地幅に多少の差異が生じます。
・天然素材特有の糸節、ネップ、織りスジが目立ちます。
・何度洗ってもパリパリとして、くったりとした自然な風合いには戻りません。

ご利用にあたっての注意点

適度なリラックス感Print

プリント

自然素材を生かし、素朴で伝統的なノスタルジックな雰囲気に。

自然素材を生かし、素朴で伝統的なノスタルジックな雰囲気に。

永遠の定番として長く楽しめるアイテム。

永遠の定番として長く楽しめるアイテム。

模様の図案から型を起こし、生地にプリントしております。
柄の配色によって印象も大きく変化します。ありそうでない自然な素材感が、適度なリラックス感を演出。

ご利用にあたっての注意点

・柄のピッチや方向性があります。裁断時は生地の向きを同一にしてお裁ちください。
・反の中で多少の色ムラ濃淡、版ズレ、色飛び、色抜け、シミ、柄の歪み等が発生します。
・強く擦れられるとアタリ(白化現象)、光ったようなスジ等が発生します。
・お洗濯により多少色落ちします。
・摩擦による色移りの恐れがあります。他の物と分けて洗ってください。
・何度洗ってもパリパリとして、くったりとした自然な風合いには戻りません。

ご利用にあたっての注意点

ATTENTION

生地の加工の特性について

  • 製造ロット間で色味・風合い・生地幅の差異が生じます。次回リピートの際は予めご了承ください。
  • 生地は表裏があります。裁断時は使う面を統一してください。
    表面検反のため、裏面や耳端し付近は汚れ、キズ等箇所が入る場合があります。
  • 素材そのものが持つ匂いや染料独特の匂いが残る場合がありますがお洗濯毎に解消します。

天然繊維の素材の特徴と取扱い注意点

  • 綿や麻などの天然繊維は素材特有の糸節(太い線上のもの)、ネップ(繊維のかたまり),カス(植物樹皮など色の粒),異原系(色系)の混入は避けられません。
    ご家庭のお洗濯により多少の縮みが発生します。
  • 耐光性が弱く直射日光や室内照明など光の当たる場所は色褪せ、変色の原因になります。
    長時間の保管にご注意ください。
生地の森オリジナルの生地の加工特性や素材の特徴など、
ご利用にあたっての注意点にご理解の上、お役立ていただけたら幸いです。

特集

pagetop