ワンピース作りにおすすめのリネン生地_1

(2021年6月7日更新)

こんにちは生地の森です。

最近 ワンピースにおすすめのリネン生地についてのご質問を多くいただきます。

だんだん寒さも和らいでくると、さらっと着こなせて見栄えのいいワンピースについ目を奪われてしまいますね。

1枚で着るのも良し、重ね着のコーディネートも楽しめる頼もしいアイテムです。

またソーイングの初心者さんが一番最初に入りやすいアイテムがワンピースなんだそうです。

そう考えるとたしかに、ワンピースは見栄えもいいし、作り甲斐がありますよね。

そこで、1枚で着られるワンピースでどんなリネン生地で作ったらいいかとスタッフで話し合いました。

生地の森には、生地のことや洋服作りに詳しい頼もしいスタッフがいて、制作について話すときが一番充実した時間になっています。

どんな生地がいいだろうか、何が向いているんだろうかと、想像を膨らめながら話している時間は、他の仕事や作業の手を遅らせて後で大変なことになってしまうこともありますが、こういう話合う時間って本当に大切だなあと思います。

それはお客様のご相談を受けた際に、日々話していることが本当に参考になると実感するからです。

お客様からのお問い合せやご相談をいただいて、いろいろとお話を交わして、ご納得していただけるとき、本当にほっとする瞬間です。

前置きが長くなりましたが、そんなわけで今回ご紹介したい生地がコチラ

「洗いこまれたベルギーリネン1/40番手 商品番号:IN50573」

この生地は程よい厚みがあって、くったりと肌馴染みのよい風合いが特徴です。

なので1枚でさらっと着るにも最適な生地ではないかなと思います。

そこでスタッフに早速ワンピースを作ってもらいました。

(後ろ向きですみません) 

後ろのギャザーワークが素敵だったので後ろから撮ってもらいました。

前側などその他の写真は公式ストアにも載せていますので、よかったらご覧ください。

商品ページはコチラ

カラーはグレージュを使いました。
使用されたパターン(型紙)は 「一年中ワンピース」(まのあきこ 著) 文化出版局 に掲載されている ウエストリボンの長袖ワンピース
使用用尺 4m 

ロング丈なので結構な用尺を使いますね。

長さもありボリュームがあるので、最初は重みを感じましたが、着用すれば気になりませんでした。
ウエストが紐で絞るギャザーのディテールですが、落ち感の良い生地は膨らみすぎずストンとキレイに下に落ちてくれました。
地肌に着てもさらっと着心地よく、ちくちく感も気になりませんでした。



リネンは麻らしいざらっとしたガザガサした風合いが好みという方もいらっしゃるかと思いますが、このようなとろみのある柔らかいリネン生地は比較的、シーズン関係なく、着こなしができるのではないかなと他のスタッフも同意見でした。

color:ベージュ

今回は開きのない被りタイプのワンピースのデザインでしたが、前開きのデザインにしたら、コート風にさらっと羽織って着てもサマになりそうですね。

これから気温もどんどん暑くなってきますし、羽織り着にも1枚にも使えるアイテムが1枚あると季節の変わり目も役立ちそうですね。

今回はグレージュをつかいましたが、この度新色「グレーサックス」「スチールブルー」「ダークグリーン」の3色をつけました。

中濃度の3色をつけたのは、この素材の風合い感が一番表情が出やすかったからです。

渋めのお色ですが、くすみがかった色合いが、素材の味わいを引き立たせてくれていると思いますので、映えのアイテムにいかがでしょう。


ふっくらとした柔らかい上質なリネンの風合いを感じていただけたら幸いです。

同じ生地で作ったエプロンとセットアップしてみました。

使用した色はオフホワイトです。

使い込んだようなくたくたとした柔らかい風合いをぜひお手にとって感じてみてください。

color:グレージュ/グレーサックス/サックス



今回はここまでです。

商品に関して詳しくは 生地の森公式ストアの商品ページへ

また生地に関するご相談やお問い合わせはお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはコチラ info@kiji-daiko.com

あなたのご利用をここよりお待ちしております。

~おすすめコンテンツ~ 

ワンピース作りにおすすめの生地 2回目の記事はコチラ

「ワンピース作りにおすすめの生地」

ハンドメイドを楽しむ ワンピース作りにおすすめの生地

「麻・リネン 作りたいものに合うおすすめ生地」

作りたいものに合う 麻・リネンおすすめ生地

生地の森 公式オンラインストア

生地の森 被災地復興支援プロジェクト

こんにちは生地の森です。

未曾有の被害をもたらした東日本大震災から10年。

あの日から、わたしたちに何かできないかと、2011年に被災地復興支援プロジェクトを立ち上げ、チャリティーイベントを開催し、これまでに 皆さまのご賛同とご協力のもとイベントの売上金を、日本赤十字社へ震災義援金として寄付させていただきました。

この度、生地の森はご協力くださる皆さまへの感謝と復興のエールを込めて、
メモリアルチャリティー100,000円を寄付させていただきました。

チャリティーイベント募金情報はコチラ

これからも引き続き復興支援に取り組んでいきたいと存じます。

チャリティーイベントは毎月11日0:00より開催しております。

チャリティーファブリックボックス 

販売個数1個 

TOP画像

主にリネン、麻、コットン、オンラインショップでは販売していない非売品の生地など、1m以上のカット生地を箱に詰めた一度限りのセット品です。

商品代金全額を東日本大震災義援金として日本赤十字社にお送りさせていただきます。

≪ご注意≫
・この商品は一度限りの限定セットの為、キャンセル・返品・交換はお受けできません。
・生地には多少のキズや汚れが入っているもの含まれております。
・事前にセット内容の詳細についてのお問い合わせはご遠慮ください。
・セット品にはさまざまな生地が含まれているため、商品をお受け取りいただいた後に生地の混率等のお問い合わせをいただいてもご対応できかねます。あらかじめご了承ください。


今後とも震災の復興から更なる飛躍をお祈り申し上げるとともに、これからも皆さまのご賛同とご協力いただけたら幸いです。

生地の森公式オンラインストア

ワンピース作りにおすすめ カジュアルにもナチュラルフォーマルにも使えるリネン生地

こんにちは生地の森です。

今日から3月です。
3月といえば卒業式、卒園式の季節です。
お子様の成長が心に沁みる行事の一つですよね。

さてこの季節になってきますと、ワンピースにおすすめの生地のことや、フォーマルにも使える生地についてのお問い合わせをいただきます。

最近はフォーマルといっても、完全なフォーマルではなく、いつもの自分らしいナチュラルなファッションにすこしドレスアップして、そのあと普段にでも使えるようにと言う方が増えております。

そこで今回ご紹介するのが、ただいま販売中の「ベルギーリネン1/40番手 超高密度ツイル リュードバックハーフ」です。

こちらはカジュアルにもちょっとしたフォーマルにも使えるように考案ておりまして、40番手の糸を最大限に密度を上げて織り上げ、しっかりとしなやかな風合いに仕上げてあります。
程よくツヤ感も出ており、上品さを演出しておりますので、ワンピースや、セットアップのジャケット、パンツ、スカートなどにお使いいただける生地になっております。
綾織りの生地は裁断や縫うときに動きやすくて扱いにくいという心配も、この生地は目がしっかり詰まっているので、揺らぎも少なく扱いやすい素材になっております。

in50714

ベルギーリネン1/40番手 超高密度ツイル リュードバックハーフ

in50521

洗いこまれた綾織りベルギーリネン1/40番手

同じ40番手の綾織りIN50521(右)と比較していかがでしょう。

しっとり肌馴染みととろみの良い上質感
IN50521 洗いこまれた綾織りベルギーリネン1/40番手  詳しくはこちら

IN50521(右)は甘織りで、ふっくらとした柔らかさがありとろみ感を感じますが、IN50714(左)は同じ40番手のリネン生地なのかと思うくらい、目詰まりとしっかりとした厚みもあり、しなやかさと光沢もありのがお分かりになりますか?

グレー
IN50714 ベルギーリネン1/40番手 超高密度ツイル リュードバックハーフの
目詰まりのある織りの表情

しかも、この超高密度に織ること自体容易なことではなく、リネンの糸は他の素材の糸よりも糸節があって非常に織りにくいとされています。そのような糸を使って、密度を上げてキレイに織ることは本当に至難の業なのです。

なのでこの生地は熟練された職人の技により実現した非常に繊細でとても珍しい希少価値のある生地といっても過言ではありません。

そのため今回の生産分のみの販売で、再入荷、再生産は現時点は予定しておりません。

今しか手に入らないリネン生地ですので、よろしければぜひお試しください。

2021年3月1日現在の状況

ただいま色によってはすでに売り切れも出ております。
ネイビーとブラックはまだ在庫に余裕がございます。

カジュアルにもちょっとしたフォーマルにも、ワンピースや、ジャケット、セットアップの素材としておすすめです。

今しかないこの機会にぜひお早めにお求めください。

あなたのご利用を心よりお待ちしております。

生地の森公式オンラインストアはこちら