生地の森ベストセレクション

生地の森では、2017年も「お客様と生地との出会い」や「こだわり商品の誕生」など、様々な出来事がありました。そこで2017年を振り返り、注目度の高かったものについてご紹介します。ぜひあなたのハンドメイドとの出来事などを振り返りながら、ごゆっくりとご覧くださいませ。

思い出す、日々のこと。

作り手がワクワクする、思わず笑顔になる、
布のある毎日を楽しく過ごしていただくために、私たちはひとつひとつ形にして
「生地の森でしか味わえない価値」をお届けしたいと思っています。
これからも布を通じてソーイングやハンドメイドの
喜びを感じてもらうお手伝いをしてきたいと思っております。

2017年に登場した新作生地

新作の生地が2017年もたくさん登場しました。中でも人気のあった3つの生地をご紹介致します。どの生地も皆様にご愛顧いただきまして、大変嬉しく思います。

Newitem

ワイド幅ベルギーリネン
1/40番手

ワイド幅ベルギーリネン1/40番手

生地幅140cmのたっぷりワイド幅!特殊加工の自然なシワやムラ感、あえての色落ち感がユーズドを思わせるヴィンテージ感覚な仕上がり。独特な雰囲気を醸し出しています。

Newitem

洗いこまれたベルギーリネン
ローン1/80番手

洗いこまれたベルギーリネンローン1/80番手

薄地ながらふっくら、程よいハリ感と上品さを併せ持つ独特の優雅さのある生地。天然素材ならではの質感、風合いにこだわった他には真似の出来ないオリジナルクオリティー。

Newitem

フラットリネンレギュラー染め
2017S/S

フラットリネンレギュラー染め 2017S/S

数量限定のオリジナルカラーの生地。絹のような光沢と美しい発色が上品な趣き。きれいめな表情に鮮明な色合いが目を惹きます。

色違いのベーシックタイプ、限定カラー第2弾も!

1/25ベルギーリネンリュードバックハーフ両面起毛

2017年の人気生地

生地の森オリジナル「1/25ベルギーリネンリュードバックハーフ両面起毛」は使い込むうちにジーンズのようなフェード感が現われるのが特徴の生地。その独特な風合いに、両面起毛を融合。起毛させたことで生地にふっくらとした厚みが生まれ、肌触りも柔らかに。

商品ページへ
リンネル撮影へ行ってきました

リンネル掲載、撮影現場へ

雑誌「リンネル」の撮影へスタッフがお邪魔しました。撮影現場での様子や、佐藤かなさんとの生地談義など、同行させていただいた貴重な体験をレポートにまとめました。

リンネルレポートへ
生地の森から

ブログ「生地の森から」が始まりました

ブログ「生地の森から」を始めました。新商品のお知らせや、スタッフのつぶやき、生地についての知識など豊富な内容です。ぜひご覧下さいませ。

ブログへ

あらためて、素材を見つめる。

私たちは天然素材にこだわり、リネン、麻、コットンを原料とした
「天然繊維の生地」を扱っております。それは直接肌に着けるものだからこそ、
安心してお使いいただきたいと思っているからです。

天然繊維、リネンを知る

リネンや麻は天然繊維の中で最も強い繊維で、その繊維で織られた布は古くから衣料の代表として人々の生活に欠かせないものだったと言われています。昨今では「自然志向」の広がりとともに、天然繊維への興味関心を持つ方もますます増えてきました。そこで改めて、当店の中で人気のある「リネンの布・生地の取扱い」や「生地ってどうやってできているのか」をご案内したいと思います。布・生地について初心者の方はもちろん、すでにご存じの方も、布・生地について改めて見つめていただけたら幸いです。

リネンのお取り扱いについて

リネンのお取り扱いについて

普段身に着けていても意外と知らないリネンのこと。リネンの洗濯方法、アイロンがけについてなど、リネンについてのお取り扱いや疑問について、生地の森がお答え致します。ぜひ、参考にしてくださいね。

ページを見る
生地ができるまで

生地ができるまで

私たちが何気なく触れている生地。実は様々な製造工程を経て「糸」から「生地」になっています。簡単ではありますが、その工程をご案内します。生地のこと、もっと知ってみませんか?

ページを見る

お客様との思い出

今年もたくさんのお客様に素敵な作品をご投稿いただきまして、大変嬉しく思います。
ご投稿いただきました作品の一部をご紹介致します。

感謝の気持ちとともに

感謝の気持ちと共に。

2017年も当店をご利用頂き、誠にありがとうございました。皆様のご愛顧を賜りまして、スタッフ一同厚く御礼申し上げます。また、今後も感謝の気持ちと共に、皆様に「幸せを感じていたけるように」精一杯努めて参ります。
2018年も当店は生地一筋で、生地で皆様に幸せをお届けしたいと考えています。新商品や新たな参考作品、楽しいイベント企画等で皆様のハンドメイドのお力になれればと思います。
また、ひとりでも多くのお客様に当店の生地を手にとっていただき、当店の生地を知っていただける機会がありますようにと願っています。
どうぞ、2018年も変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

ページトップへTOPへ