We love linen リネンという素材について

リネンのお取り扱いについて

リネン生地の扱い方に「これでいいのかしら?」と不安になられる方が多くいらっしゃいます。
とくに上質で高額なリネン生地ほど、お取扱いに迷われますよね。
ですが、普段の取扱いにちょっとひと手間加えるだけでOKですのでご安心ください。
皆さまのお悩み、疑問に生地の森がお答えします。

目次

リネンの生地は水通しが必要?

リネンの生地は水通しが必要?

水通しとは

お仕立て前に行う下処理で、水洗いが可能が素材(コットンやリネンなど)に行なわれる地直しの事です。

一般に販売されている生地の多くは水通しをしなくてもすぐに使えるよう加工処理がされております。
そのままでも使えますが、天然繊維は縮みやすい性質をもっているので、
洗濯の際の縮みにより歪み、型崩れを起こす場合があります。
市販のものは生地をそのまま裁断しているので、普通に洗うと歪んだり縮んで
シワシワになったりするのはそれが原因かと思われます。
せっかく手作りしてお仕立するのなら、すこしでもそれを避けたいものです。
その為にも、裁断前に水通しし、織りのゆがみなどを直しながら生地を整えることをおすすめします。

水通し方法

リネン製品の家庭でのお洗濯

リネン製品の家庭でのお洗濯

手づくりした思入れのあるリネン製品、大切なものなら丁寧に扱ってずっと長持ちさせたいですよね。
そこで家庭での洗濯方法やお手入れについてご紹介します。
衣類のお手入れも生地のお手入れも一緒ですのでおさらいしましょう。

洗濯方法

リネン製品・生地の保管方法

リネン製品・生地の保管方法

久しぶりに使おうとすると、畳んでしまいこんでシワシワなんてことはありませんか。
また、なかなか使えずに大切にしまっていたら、畳んだ表の折り目が色褪せていたなんてことも。
そんながっかりを繰り返さなために押さえておきたいポイントをご紹介します。

保管方法

最後に

最後に。

リネンの製品は素材の特性を理解し、ちょっとひと手間のお手入れで、自然な風合いを楽しめます。
ぜひ、思い入れのある大事な製品を長く大切ににお使いください。

その他リネンや生地に関する特集