綿麻生地の魅力

こんにちは 生地の森です。

「綿麻(めんあさ)」
「綿麻生地(めんあさきじ)」

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、「綿麻(めんあさ)」とは、
綿(コットン)と麻(ラミー・リネン)のそれぞれの天然繊維を、織りませた素材のことです。

「綿麻」の生地と聞いてどんな生地のイメージをお持ちですか?

・・・・・


そこで、今回は、綿麻生地のことについて、探っていきたいと思います。


目次

・「綿麻生地」のひみつ

・「綿麻生地」の特徴

・「綿麻生地」の魅力


「綿麻生地」のひみつ

ちょっと余談になりますが、当社で新しい生地を考える時に大切にしていることがありまして、それは、この生地はどんなアイテムに向くのか!という目的を、ある程度明確にするということです。

トップス向きなのか、ボトムス向きなのか、アウターか、ブラウスか、パンツか、スカートか・・・と、目的用途をイメージすることで、したい厚みや風合いなどがだんだんと見えてきたりします。

しかし、これまでいろいろな生地作りに携わってきて、イメージ通りの生地に一発で仕上がることは、ほぼありませんでした。

もちろん自分一人で作るわけではなく、いろいろな人の協力のもとで作られるのですから、周りの人達に理解してもらい、イメージのものにしていくことは、容易くありません。

生地の森の「綿麻生地」のに対する想いも、さかのぼること5年ぐらい前からはじまっています。

そもそもはじめの頃は「綿麻生地」の魅力が今一わかっていませんでした。

しかし、ひとつの商品がヒットしたきっかけで、見え方がガラリと変わりました。


そのヒット商品と聞いてピンときた方はいらっしゃいますか?

天日乾燥した綿麻生地
天日乾燥した綿麻生地 (IN50046)

「天日乾燥した綿麻生地(IN50046)」です。

それは、ある作家さんと書籍のお仕事を通じて知り合ったとき、この生地を使って作ったスカートを履いていらっしゃって、とてもお似合いで素敵だったので、伺ったら、「生地の森さんの生地です。」と言ってくだったのです。
その時まで、社外の人が作った作品を目にする機会なんてなかったので、その完成度とデザインのクオリティーの高さにびっくりしてしまいました。
そしたら、「生地の森さんの生地は素材感が良いいので、とても気に入っている」と、そう話してくださいました。

それまではというと、お客様から「汚い」とか「色がくすんでいる」、「ムラが多いからムラのないところが欲しい」というクレームが多く、どうやったらうちのものづくりが他と違うことを伝えられないかと、自信を失いかけました。

しかし「気に入っている」と言ってくださる方がいて、わたしたちの生地の素材の味を分かって、ちゃんと自分の作品に表現してくださっていることに、感動し、自分たちの目指すものはこれだと、分かるきっかけになりました。

そこから、「綿麻生地」に対しての偏見もなくなり、もっと世の中にないものを、欲しがっている人たちのために作ろうと、構想を膨らめてきたと思います。



生地の森の「綿麻生地」のひみつの一つは、ただ単に綿と麻を織り交ぜて作っているのではなく、目的や用途を考えて、一つ一つ作られているということです。

そしてもう一つは、綿と麻のそれぞれの素材の特徴にあります。

綿(コットン)は、非常に柔らかく、肌あたりは良いがコシがあまり出ない。
逆に、麻(ラミーやリネン)は、しなやかなハリコシがあるが、チクチクとした刺激を受けやすい。

そこで「綿麻生地」は、綿の良さと麻(ラミー・リネン)の良さ、それぞれの良い部分をうまく引き出して作っているということです。

「綿麻生地」と言っても、混率が、綿の割合が多いものから、麻(ラミー・リネン)の割合が多いものとでは、質感や風合いも変わってきます。
また、混紡糸といって、紡績の段階で、綿と麻(ラミー・リネン)がブレンドされた糸を使う場合や、交織(こうしょく)といって、タテ糸とヨコ糸にそれぞれの糸を使う場合と、作り方もさまざまです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20201027_181314-644x644.jpg
20/1番手 綿/麻 50/50 混紡糸(例)

また、これは諸説ありますが、麻(ラミーやリネン)の繊維は、非常に丈夫な変わりに、大変織りにくく、織りキズが出やすいのです。そこで、綿(コットン)を混ぜることで、織りやすくなる。といった理由もあるそうです。

そう聞くと、綿麻生地の混率の違いに注目してみることで、違いがわかって探す楽しみや、面白みも生まれるかもしれません。


それに、綿と麻(ラミー・リネン)の良いとこ取りなんて、ちょっと贅沢な感じもしませんか。

天日乾燥の綿麻生地のサロペットパンツ

「綿麻生地」の特徴


前章で、「綿麻生地」とは、綿と麻(ラミー・リネン)のそれぞれの良い部分を引き出して作られた生地と述べました。

では、綿と麻(ラミー・リネン)のそれぞれの良い部分とは何なのか…

綿は、非常に柔らかく、肌触りは良いところが特徴です。
しかし、生地にするとコシがさほどなく、表面感もツヤ感が出にくい。
そのため、洋服にするとカジュアルに見えやすい。
また、シワになりやすく、何を作っても1度洗ってしまうと、安っぽく見えてしまう。(自身の体験から)

color:カーキ
コットンブロード

次に、麻(ラミーやリネン)は、ハリコシのしっかりした丈夫な素材で、生地にするとツヤ感がでるので、上質感が出ます。
また自然なシワがあるので、アイロンも必要なく、洗いざらして着るのがカッコイイ。またシワ感があることで、作った服の多少の粗も目立ちにくく、サマになって見えます。(自身の体験から)
ただし、直接肌にあたると、どうしても肌あたりがチクチクと感じてしまいます。(個人差あり)

グリーン
ベルギーリネン


そこで、「綿麻生地」は、それぞれの良い部分を融合させ、程よいシワ感や程よいハリコシのある生地に仕上がり、さらりとした優しい肌触りが生まれるのです。

カーキ
綿麻ツイルリュードバックハーフ


「綿麻生地」の魅力

「綿麻生地」の特徴から、綿と麻(ラミー・リネン)のそれぞれの持ち味を活かした、非常に扱いしやすい素材ということがわかっていただけたかと思います。

なので、結論からすると「綿麻生地」を選べば、ほぼほぼ、失敗も少ないということが言えると思います。

「何を作ろうかな」とか「どんな生地がいいかな」とこれといった目的もない時には、「綿麻生地」を選ぶのも良いのではないでしょうか。

ハンドメイドの初心者の方、ベテランの方、生地選びに失敗したくないと、あれこれ迷われてしまう方、経験問わず、使う人を選ばない、だれにでも優しい、扱いやすい素材ではないかと思います。

もちろん 綿(コットン)や麻(ラミーやリネン)の素材は、それぞれの特徴もはっきりとしており、それぞれ魅力にあふれています。

用途やデザインに応じて、素材を使い分けして、いろいろと試されることで、「綿麻生地」の魅力や良さもわかっていただけるのではないかと思います。

カーキ
綿麻ダンプダメージダイドのロングローブ


それでは生地の森オリジナル「綿麻シリーズ」をご紹介します。

綿麻ツイルリュードバックハーフIN50722
綿麻ツイルリュードバックハーフ
最新作(2020年10月27日時点)
ボトムス、パンツのためだけに作った生地。
コットンだとカジュアルすぎてリネンだとくったりと柔らかくなってしまうという皆さまのご要望にお応えするべく、綿麻素材の良いとこどりのバランスに仕上げました。オールシーズンでお使いいただけます。
綿麻ダンプダメージダイドIN50719
綿麻ダンプダメージダイド
高密度で織られたタイプライターよりも一角上の厚みのしっかりした生地。
さらりとしたハリコシの中にもふっくらした柔らかさを感じさせる絶妙な風合い。羽織り、スカートに。
綿麻キャンバスダメージダイドIN50720
綿麻キャンバスダメージダイド
独特なムラ感が、まるで使い込んだようなこなれ感を演出します。
中肉厚で、コットンキャンバスよりも比較的、サラっとしていてとまとわりつきにくい性質です。
アウター、パンツに。
コットンリネンスラブローンIN50562
コットンリネンスラブローン
スラブ糸を使った、さらっとした心地よさと、ふんわりと軽い風合いはずっと触っていたくなる、肌に優しい素材です。夏向きのブラウスに。
洗いこまれた綿麻キャンバスIN50641
綿麻キャンバス 
洗いざらしたような自然なシボ感が特徴的。直接肌にあたってもさらっといして心地よい、トップスからボトムスまで使いやすい生地感です。
綿麻ルーズオックスダメージダイドIN50654
綿麻ルーズオックスダメージダイド
ワークカジュアルなどメンズアイテム様に作られた生地。
古着風でカジュアルに仕上げたいときに。
天日乾燥した綿麻生地IN50046
天日乾燥した綿麻生地 
生地の森の殿堂入りロングセラー商品、ウェザータイプのしっかりした生地感でメンズライクがサマになる素材です。独特なシワムラ感の強めなクセが病みつきに。
著名な作家さんからも支持をいただいております。
IN50007
綿麻ダブルガーゼ
こちらもロングセラー商品
肌アタリがさらりと爽快感もあり、
しかもふんわりと柔らかく、一年中いつも快適にお使いいただけます。
衣料から副資材に。マスクにも最適です。
スタッフ作品スタッフ作品
スタッフ作品の作品この生地を使った作品スタッフ作品の作品
スタッフ作品スタッフ作品の作品

生地の森の「綿麻生地」すべてを見る


最後に…

「綿麻生地」は現在も構想中で、新しい生地の試作も続けております。
ぜひお楽しみに、たくさんの生地でハンドメイドを楽しんでいただけたら幸いです。


皆さまのご利用を心よりお待ちしております。

生地の森 公式オンラインストアは コチラ