オータムコレクション インスタグラム掲載商品 生地の森カット風景 新規会員無料登録で100ポイントプレゼント 生地サンプル レビュープレゼント 卸のご案内

営業日カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

営業時間:9:00-17:30
土日祝休み

手作り・ハンドメイドファンサーチ モバイル・スマホサイト Fun to Share

TOP > 手帖 > フラックス畑にて

フラックス畑にて
 
2011年6月 リネンの産地、フランス ノルマンディーにて撮影されたものです。
天然素材のフラックスが、リネンになる工程を取材した資料で私たちも
初めて知ることが多く、大変勉強になりました。ぜひ、ご覧くださいませ。

※フラックスは原料段階の呼び方で、糸になってからの工程で『リネン』と呼ばれます。

フラックス畑にて   *リネンの原料「フラックス」の花

フラックスは春に種をまき、約100日間で
80cmから1mに成長します。

開花している姿は、滅多にお目にかかれないので、
こうして咲いているのを撮影できるのは貴重です。
フラックスの花の独特な青色をしており、現地では
“フラックスブルー”と表現されているそうです。
基本的には6月に花が咲きます。

朝方に花が咲き、夕方にはしぼんでしまい、
そのしぼんだ花の部分が種のボールになるそうです。

リネンの花言葉は「感謝」です。
     
フラックス畑にて   フラックスの花を
摘み取っています












     
フラックス畑にて   繊維を取り出すために畑にねかせる
デューレッティング中のフラックス。


*デューレッティング
収穫したフラックスを畑に1ヵ月程ねかして雨露で
表皮を腐らせて中の繊維を取り出す方法です。
     
フラックス畑にて   寝かせて時間がたった、
フラックスの花











     
フラックス畑にて  








←上の緑色の部分が、摘み取ったばかりのフラックスの花。




←下の茶色の部分が、寝かせてあるフラックスの花。
     
フラックス畑にて   寝かせたあとの、フラックスの花を工場に
運んでいきます。







人物と比べると、
こんなに大きい!
     
【リネンの糸ができるまでの工程】
@乾燥させたフラックスを叩いて、不要な部分を落とす(”スカッチング”という作業)。
Aさらにブラシですき、柔らかな繊維のみにする。
B繊維をねじって糸に紡ぐ(”ハックリング”という作業)を経てリネンの糸が完成。

薬品を使わず、昔ながらのとても素朴で手間のかかる作業。経済的にも環境にも優しいリネンは、使うわたしたちも安心です。
リネンを愛する方々の手によって時間をかけて、本当に大切に大切に作られていることがわかります。
 
豆知識
現在登録されている商品はありません